新着情報

ー足場からの墜落・落下防止措置としての幅木の設置基準ー

 

足場作業で気をつけなければならないのが高所からの墜落です。

作業者の墜落防止はもちろん、部材や工具の落下にも十分注意しなければなりません。

 

そのため、法律ではさまざまな墜落・落下防止措置が定められており、幅木の設置もその一つです。

 

今回は、足場の幅木とはどのようなものか、幅木の設置基準について解説します。

 

 

足場の幅木とは

 

足場の幅木とは、足場からの作業員の墜落や、部材・工具などの落下を防止するために、作業床に取り付ける板状の足場部材です。

 

高さ2m以上の足場の作業床では、建地と床材の隙間を12cm未満とすることが定められています。

しかし、これだけでは隙間から工具等が落下するおそれがあるため、幅木を設置して落下防止措置をとります。

 

 

法改正により足場の幅木の設置が義務化

 

平成21年6月1日から労働安全衛生規則が改正され、足場等からの墜落防止等の対策強化が図られ、対策の一つとして幅木の設置が盛り込まれています。

 

 

労働安全衛生規則第563条

 

労働安全衛生規則563条では、

 

「事業者は足場(一側足場を除く)における高さ2m以上の作業場所には、次に定めるところにより、作業床を設けなければならない。」

 

「墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、次に掲げる足場の周囲に応じてそれぞれ次に掲げる設備を設けること。」

 

としており、枠組足場ついて次のいずれかの設備が必要としています。

 

 

1.交さ筋交い及び高さ15cm以上40cm以下の桟もしくは高さ15cm以上の幅木またはこれらと同等以上の機能を有する設備

2.手すり枠

 

 

幅木の設置基準

 

幅木の設置基準は労働安全衛生規則が以下のように定めています。

 

使用する素材

 

使用する幅木は変形や損傷がなく、たわみが起こるおそれのない丈夫なものを使用する必要があります。

木製の幅木でも問題ありませんが、基本的には金属の幅木を使用します。

 

 

幅木の高さ

 

設置する幅木は、作業員にとって危険な場所には高さ15cm以上のものを設置します。

物の落下の恐れがある場所には高さ10cm以上の幅木の設置が必要です。

 

 

幅木が設置できないとき

 

作業内容や建物の構造上、幅木を設置できない場合は、メッシュシート、防網などの設置で対応が可能です。

 

また、条件を満たした場合にのみ、幅木を臨時に取り外せます。

このとき、防網の設置や墜落制止用器具の使用、関係者以外立ち入り禁止措置などの対応が必要です。

 

 

安全な足場作業のために幅木の設置が義務付けられている

 

足場の幅木について解説しました。

平成21年の法改正により、高さ2m以上の足場の作業床には幅木の設置が義務付けられています。

 

また、幅木は設置基準に従って設置する必要があります。

 

 

和歌山・大阪での足場建設工はエヌ・ステージング株式会社にお任せ下さい。


会社名:エヌ・ステージング株式会社

住所:〒640-8481 和歌山県和歌山市直川593

TEL:073-488-8678 
FAX :073-488-8679

求人用ダイヤル : 090-7756-1234

MAIL:nstaging.1234@circus.ocn.ne.jp

対応エリア:和歌山~大阪エリアを中心

業務内容:住宅足場工事・公共足場工事・プラント足場工事・仮設足場工事・
鳶工事・重量物設置工事・解体工事・塗装工事・土木工事・電気工事・大工工事・外構工事